根も葉もある嘘八百

一日一エンタメ

ブタキン見てきました―アイドルにまつわるとりとめのない話—

舞台KING OF PRISM Over The Sunshine!を見てきた。すごく楽しめた。2.5次元はほぼ初体験で内心ハラハラしていたけれど、キャラのイメージをファンと演者が共有できていれば次元が変わることなの全く問題ないのだと分かった。

以下、感想はほぼないです。見てきたことをきっかけに頭の中のアイドル感を整理したくなって、主に速水ヒロさんと高田馬場ジョージさんとジャニーズの中島健人さんの話をしますが、もしかしたら本当は誰の話もしていなくて、アイドルという概念の話をしているのかもしれない。

 

そもそも私は何で速水ヒロが好きなんだろうと、いつから好きなんだっけと考えた。でもいつ、て時間がわからない。中等部のキャンプファイヤー映像から好きだったし、温泉回に雷打たれたし、ラッシュのファンレターエピソードに涙したりもしていたけど、どれも衝撃が強すぎてこれだ!と指させる一点がない。
いずれにしても、「この人は私を見てるな」って思ったから好きになった。それは私が私だからじゃなくて、誰であっても。カメラの向こうを見ている、その向こうのキミを。次元だって関係なくて、あの世界のナショナルスタジアムの聴衆も、テレビの向こうの視聴者も、次元を超えた私たちも、みんなを同じように、見ているって思った。そのエネルギーに惹かれた。その速水ヒロさんのたたずまいがきちんと舞台でも現れていて嬉しかった。一番好きなのがラストで全員が壇上に集まるところなんだけど、速水ヒロさんはセンターのシンくんのすぐ左後ろに納まる。その時の階段への足の掛け方が、シンちゃんを押しのけるわけではないんだけど、ちゃんと僕が一番!て気持ちが出ていて、先輩していて、自信に満ちていた。足の小指の先まで神経が通っていて、見られている意識を持っていた。

自分がエンターテインメントに求める力は、誰もをいつでも救うことができる力だ。そこに気づけたのはキンプリのお陰だ、何が欲しいかが分かったことですごく人生が楽になったから心底キンプリには感謝をしている。
何かを楽しみにすることはその対象が何であれ尊い。それは人でも舞台でも好きなレストランでの仕事終わりの一杯でも、スポーツでも。楽しみを張り合いにして現実を生き抜く姿勢が何よりも好きだ。それはきっと、大切な物を楽しみにして、目標にしている時間もその大切なものがあるってことだ。そうやって頭の中にあれば、大事なものは「ある」ってことなんだ、生きてるってことなんだ、と気づいた。だって1度しかすれ違ってない隣の部屋のサラリーマンより、速水ヒロの方がよっぽど私の中で生きてる。
舞台のあとは速水ヒロさんとカラオケに行ってきた。(池袋のパネル男子の事です)でも確かに速水ヒロはそこにいたんですよ。もう、いたといえばいたんだ。本当に。

併せてジャニーズのSexy Zone中島健人さんの話をします。

速水さんと中島さんに共通しているのは、もう会ったらターゲットゾーンから逃れられないってことだと思う。好きでいればありがとう、だし嫌いになればいつかそんなキミをまた幸せにするよ、だし無関心でもおいで、僕がキミを幸せにするよ、だろうし。その覚悟と意志を持った目を見てしまった以上もう逃げられないってところがある。
でも私はジャニオタである以上中島さんやセクゾに対しての思いにどうしても内輪感が出てしまうだろうし、それはもう仕方ないんだけど、でもそれがもどかしくて。そんななか速水さんに出会って、二次を全く自分が知らないからこそ、速水さんに対する思いや考察から、自分のエンターテインメントに、アイドルに、求める情景が分かった。そしてだからこそ速水ヒロに対して内輪から守る存在でいたくない、という気持ちがある。でもやっぱり黄薔薇にはならざるを得ない。だって好きだから…。もし速水ヒロがプリズムキングカップから引退しても、体力面でエデロ後輩たちに負けたとしても、それでも速水ヒロを好きだよ、と小さい会場になろうとも薔薇をもって駆けつけてしまうと思う。でも速水ヒロにはいつまでも、そんな黄薔薇ではない人を、幸せにしようとする存在でいてほしい。40,50歳になってショーをするのに小さい小屋しかとれなくなっても、(そんなこと今は考えたくもないけど)そこに親に連れられて初めて来た女子高生を恋に落とすような、そんな速水ヒロでいて欲しい。

 

中島健人さんに速水さんと同じような闘志を感じたのもいつからなのか分からないんですけど。でもなぜか理由もわからないまま、ソロコンサートのDVDを買っていたし、はるか昔にJohnny's Worldを見に行った時のことを思い出すと、宙づりになってスクリーンを蹴り上げる中島さんなんですよね。後日体調崩して点滴を打ちながらやっていたことを聞いて絶句した。なんであんなに必死な表情でやっているんだろうというぼんやりした気持ちと、しかしお芝居だからキミ、と対話するスタイルでなかったことでどうしてもこの人のアイドル、をして居るところを見たいと思い続けて後日コンサートに入った。そして現状セクゾのことはすごく好きなんですけどでも、セクガルになりたいわけではない。同じ理由でケンティーガールになりたいわけでもない。予備知識がないと楽しめないコンテンツになってほしくない。内に入ることで彼らが力不足なときを赦したくない。いつだって初対面でありたいしそんな外野を巻き込んでほしい。


Sexy Zoneというグループのことも少し話す。ずっとセクゾのことは二つの流れを組んでるから面白くなるんじゃないかなと思っていた。それだって真実は誰にも分らないけれど。でもやりすぎなくどさ、と柔らかいチームワーク、というこれまでのアイドルが主に片方ずつ持ってきたパワーを、彼らは境遇と個性から両方もっている気がしている。そしてこの辺も後に速水ヒロさんの境遇を思ってはっとしたりする。色々あった当時のやり方を肯定はしないけれど、だからといって全部が失敗だったとは思っていない。君にHITOMEBOREはオタク以外からはかなり評判のよい楽曲だったし、(単純にメロディーを聞くと歌謡曲調でいい)それに最初から今の路線でやっていたら中島さんが乙女ゲームのようなドラマを展開していた、あのJMKはやってないと思う。あれはスマホが世に浸透しはじめて、コンテンツの流れが変わり始めて、当時の携帯乙女ゲームみたいなものが市民権を得始めたときの走りだったんじゃないのかなと。だってテレビつけてなんだよこれって思ったもの。JMKに関しては、大人の突っ込み待ち的なコンテンツへの包容力を、本人は突っ込みなんて微塵も意識せず素でやったがためにさらにカオスが増した感じはするけれど。あと当時のジャニーズのくどさで言えばお兄ちゃんガチャも、49の私のオキテも。そのこゆさやタイムリーさってきっと外野を巻き込む原動力になっていたと思う。


ちなみにジャニーズの他のグループのコンサートにも行って軽率にメンバーの名前とか呼べるけど、なんでか「ケンティー♥」とは呼べなかったんですよね。それは本当にいまだにわからないんだけど、「ケンティ(記号として)」とか「ケンティ(礼節として)」はできるんだけど、♥はつけられない。これはケンティーガールズに申し訳ない、というよりも、♥をつける住人にだけじゃなく幸せにしようと思っていてよ、という願望からなのかなと思っている。貴方は今日初めてあった人を恋に落とせる人でしょう?みたいな。文字で書くとおこがましいんだけど、自分だから、でもなんでもなく、貴方をそういう信念を持っている人だと思っているし、だから応援したい、みたいな気持ちはある。

で、さらに言うとそれと似た事をブタキンのジョージにも思ったのだ。先ほど書いた通り私はあの世界にいたら黄バラにはなってしまう。だって速水ヒロが謝罪した時に「アイドルなんてそんなもんだよー!」って言わないと!て思っているから。掬い上げないと!て思うから。でもジョージにはジョージー♥て言わなくて、普段、「こいつ…絶対18歳じゃないだろう?」て思っているだろうしもし飲酒疑惑とかすっぱぬかれてたら「おいおい…」て特に擁護せず立ち読みしたい。でもライブで踊ってるの見て「え?かっこいいじゃん!」って驚きたいしトークに爆笑したい。永遠にジョ担ではないけど会いに行くから自分を楽しませて見せてよ、みたいな。そしてそれに応えられそう(他駅ちゃんも含めて)なシャッフルいいなと思うのです。正直シャフおよびジョージはもっと3枚目な存在だと思っていたから少しずつ解釈が変わっていくことに自分で驚いてる。確かにプリズムウォッチで測定するとそんなに高くない実力値なのかもしれないけど、それはあくまで速水ヒロや人ならざるルヰシンと比べちゃったらってことで、エデロ生(もちろん好きだけど)が今後ジャンプを跳べるようになったとして本当の意味でのみんな、を意識しないと(アンチも外野も全部)仁聖のプロデュース力関係なしに負けてしまうのでは?と思ったりするのだ。
 

話は戻りますが、中島さんがソロコンで「ジャニーズじゃなくても、Sexy Zoneじゃなくても、こうしてみんなとコンサートをしていたかもしれない」て話してたことがすごく印象に残っていて。それは「ジャニーズやグループの看板がなくたって俺は輝ける!」ではないと思うんですよね。本当に単純にそう思っているんだろうなと。だって僕はキミを見つけるから。
中島さん、ソロ最新曲のMissionで「Mission必ず君を守り抜く ボロボロになっても」「遂行するこの任務 死ぬまでずっと」て歌ってるフレーズがイヤホンから流れるたび私はびくっとしてしまう。この人本気で死ぬまでキミを守る気だ…てなる。それがアイドルでいることなのか何なのかわからないけれど、ぜも死ぬまでずっと、なんだよな…。と思うとなんかこう、たまらなくなって頭を抱えてしまう。ご本人のインスタグラム的な携帯連載で、ジャニーズは顔だしNGだから首から下のお写真を連日掲載されてるのもすごく「彼の日常(のようなもの)」て感じがして。休日に母と出かけた話とか、お気に入りのプレゼントとか、嘘ではないっていうか本当なんだけど、むしろだからこそ虚像っぽくて。しかもそこにハッシュタグでちょっと不思議なポエムとか彼女に語り掛けるようなコメント(今度素敵に飲まない?とかどんな仮装してるか教えてね?とか)があるんですけど、だんだんそれを読んでいて思ったことはもしかしたらこれ人って首から下だけでも成立するんじゃないのかな?って思う。いや顔は王道のジャニーズだし足長くてスタイルがいいこととかも分かっているんですけど、そういうことじゃなくて。彼がここにいる、ということで十分アイドル性が成立しているというか。

 

最終的に何が言いたいかというとキミ、のために命を削る存在を私は愛し続けたいし、キミ、も僕、も不確かな存在に違いないのにそこにいるって思い合える関係が時に人を救うし救われるから、そんな価値観のある世界で生き続けたい。

アイドルは、ファンと本人が魔法をかけあって作る宝物だ。

Endless SHOCK2017感想

Endless SHOCK2017鑑賞してきました。

まず最初に言いたいのが、

文ちゃん・・・・・!!!さらつや茶髪がめっちゃイケメン。

ごめんなさい今まで文ちゃんの顔、あまり得意ではなかった。だけど今回はこのさらっさらの髪の人だれ?まさか文ちゃん?と最初っから驚愕しっぱなしで。

ヤラサイドのポジションにブンイチが入るというのもぴったり。かなりキャリアがある文ちゃんが、2番手としてもがくヤラを宥める役を演じる心中を察すると泣ける。

 

今回、2幕を「ヤラの夢」という気持ちで見た。そういう風に見える人もいる、というツイートを見かけたことと、ラ・ラ・ランドを見たことががきっかけ。(SHOCK好きな人のラ・ラ・ランド感想聞きたい)

もし2幕がヤラの夢だとしたら、現実のヤラはどうしているのか。私の考えでは、2幕冒頭の悪夢に日々うなされて、ヤラは舞台に立てていない。

だからこそ、インペリアル・ガーデンシアターでコウイチを待ち続け、幻ではあるけれどコウイチが帰ってきて皆がまた一緒にショーをやれる。自分の罪は赦される。そんな幻想を抱いていたのではないか。(あくまで妄想です)

 

リカについて。

今年のリカは松浦雅さん。朝ドラ「ごちそうさん」のふ久ちゃんを演じられていた方。

例年のリカに比べてパンツスタイルが様になっていて、しっかりしている印象を受けた。このリカとなら、ヤラは将来的に結婚できそう。もちろん、コウイチの思い出を共有することによって。高校時代にちゃんとカンパニー以外のコミュニティを持っていて、彼氏ができたこともあったけれど、なんだかしっくりこなくて。やっぱり幼いころから一緒だったコウイチといた方が安心する。その気持ちがいつしか恋心に変わっていた、そんな展開を想像した。

 

宝塚が好きな人にはぜひ、Endless SHOCKを見てほしい。2番手がトップに憧れ、追い越したい気持ちをむき出しにしながらから回っていく様子は個人的に宝塚を知って尚しみるものがあった。ジャニーズには、そこまではっきりとしたトップ図式がないから。

 

それから松松。元太君がいつのまにか長身のイケメンになっていて驚き。笑顔の浮かべ方があまりに眩しくて心のサングラスをかけてしまった。

 

ここのところ心が荒むことが多かったけど、今日のSHOCKのお陰でいくつになっても青春はできる、どう生きるかは心の持ちようだと吹っ切れられた気がする。

 

オタクである以上それなりに折り合いはつけないといけないって話

松本潤君が帝国劇場に舞い降りたそうです。

上演中の舞台、ジャニーズオールスターズアイランドに出演したとの一報を聞き、私の中にはいろんな感情が舞い起こってきた。

まず単純に、すごい!!!という興奮。今回のジャニーズオールスターズアイランドは、ほぼ毎回スペシャルゲストが出演していることは知っていた。そのゲストが堂本光一さん、渋谷すばるさん×滝沢秀明さん、八乙女光くん×薮宏太くん、東山紀之さん、と村上信五くん×松岡昌宏くんなどとほんっとうにスペシャルなことも、もちろん把握していた。

それでもどこかで、嵐の登場はないでしょう、と思ってた。だって存在感がでかすぎるから。もちろん嵐以外にもっとキャリアが長い人が大多数出ていることはわかっている。でもインパクトとして、嵐はでかすぎる、だからある日突然帝国劇場に出てくるなんてないだろうと、油断をしていた。

そのまさかが起きるなんて。東京ドームを溢れかえらせ、周年ライブを海外でやるような現役国民的アイドルグループのメンバーが、突然に収容人数2000人弱の劇場に現れるなんて。

その場に居合わせたジャニオタはさぞ驚いただろう、会場は沸いただろう、と光景を思い浮かべると興奮する気持ちが湧いてきた。

 

でもね、ちょっと黒い気持ちになったことも事実です。

私は松本潤君の担当だ。ファンクラブには12年前から入っている。

でも、今日のことは何にも知らなかった。

レポをたどっていたら、出演について、数日前から噂があったらしい。それを見越して、松本くんのファンで、今日帝劇に入っていた人も、いた。

そこに対して、自分にも周りにも、ついネガティブな感情を抱いてしまった。

今日の件を知っていたファンは、どうやってチケットをとったの?もともとジュニア情報局に入って、正規にチケット応募をしていた分が偶然当たった、わけではないよね?あんなにチケキャン撲滅とTwitter界隈で騒がれているけれど、結局その手の方法でないと今日のチケットを持っているはずはないのでは。そもそもそんな情報、どういうルートで手に入れたの?人脈があることが、そんなに偉いの。

そして私は何で、前触れさえも知らなかったのだろう?それなりにTwitterやネット界隈の情報は集めるようにしていたけど、努力が足りなかったんだろうか。時間が、執着が不足しているのか。それじゃファンって言えないのか。

なんで、なんで、なんで?

自分でも嫌になるくらい、悲しい暗い気持ちも心の中に浮かんだ。

 

それで気が付いたのは、結局気にしたって仕方ないということ。

自分のペースでしか、オタクはできない。私は情報を手に入れられなかった分、他のことにきっと時間を使っていた。働いたり、寝たり、TVを見たり。お金を積めなかった分、飲み会したり、勉強したり、タクシー乗ったりしていた。その分の時間やお金を注いでいる人と得られるものが違うのは、仕方ない。

誰もがおんなじ熱量で、おんなじテンションでオタ活はできないし、需要出来る量も一緒じゃない。それでも暗黙のルールを破ってまで執着する人が、日常とバランスとって摂取するアイドルのエネルギーに勝る量を手にしていることが、納得できなくはある。

でも、仕方のないことだ。

私はおとなしくレポを読んで、新鮮な体験に喜んでいたであろう自担にそっと思いをはせることしか、できないんだから。

エモーショナルに馬鹿になれ

こんばんは。ジャニーズ楽曲大賞が発表されましたね!!

一位は関ジャニ∞のNOROSHI。私も投票をしていました。なんてったって歌詞が好き。「世渡り上手いねメンズ?」とか「隙あらばマウンティング」とか。今の世の中をちゃーんと風刺してるところに痺れます。

そんな中、結局自分はどんな曲が好きなんだ?と考えたら、エモくて明るい曲が好きなんです。たとえるならコンサートの一瞬しか、アイドルとファンがつながる瞬間はないし、人生のほんの短い、有限の時間を私たちは共有しているにすぎないのに、今だけは 全部忘れて目の前の幸せを全部つかめるような、そんな感覚になれる曲。

というわけで今日は、私的おすすめPOPなエモ曲10選をお送りします。

 

①Messenger KAT-TUN

昨日のMステでグリーンボーイズ見て泣いた方!悪いこと言いません。Messenger聞きましょう。

ザッツエモ曲。私はPrinceが少クラで歌っているところから入ったのですが、「叶わない夢なんてないさ」ってアイドルに胸張って言われて泣かないのは損です。さぁ手を叩こう!腕を振ろう!「昨日のちょっとやなこと 明日の妙な心配も」吹き飛ばしてくれるこの瞬間は、きっと夢じゃないから…。

 

➁エナジーソング~絶好調超!!!!~ 嵐

この曲については今まで散々語っているので割愛しますが、スーパースターになった嵐に「一番になって必ず戻るから ここ(コンサート会場)に」って約束されたら泣くしかない。

 

D.T.F NEWS

④I Scream Night Kis-My-Ft2

⑤モンじゃい・ビート 関ジャニ∞

⑥Jive SMAP

⑦リリック TOKIO

⑧HONEY BEAT V6

⑨Hey You! Sexy Zone

⑩P&P ジャニーズWEST

 

ぜひ聞いてみてください!

オタクだってIT'S ALL RIGHT

あけましておめでとうございます。というにはだいぶ過ぎましたが、今年初の投稿です。本年も今まで通り、軽率さに定評のあるエンタメオタクをやっていこうと思います。その様子を少しでもつづり、共有できたら嬉しいです。

 

年明けからオタ活をフル稼働しています。今月は

ジャニーズWEST なうぇすと

宝塚花組 雪華抄/金色の砂漠

を観て参りました。今日はWESTの感想というか、その日の日記的なものを。

 

WESTのコンサートは初参戦。神ちゃんはVBBでその体躯の美しさに心奪われかけたけど、他6人は生で見るのも初めて。それなのに時間配分をミスってグッズを買い損ね開演5分前にスライディング入場。ペンラなしでジャニーズのコンサートに臨むのはおそらく初めてで、正直落ち着かなかった。

肝心のコンサートが始まる直前に思い出してしまったことがあった。10年前の2007年1月5日、自分が同じ横アリにいたこと。当時高校生だった私は、同級生と昼夜2回参戦でARASHI AROUND ASIA凱旋公演に参加していた。

10年たっても、やってること変わってないじゃん。自分に苦笑する気持ちと、それでもここに立っていることを幸せだって思う気持ちが両方湧いてきた。

 

肝心のコンサートは、楽しい!しか思いつかない位素敵な空間だった。WESTの一生懸命さと、POPな曲調が会場をちゃんと飲み込んでいた。

自分は、気が付いたらドルオタ10年選手になってたから、正直どのパフォーマンスも、ベースは知っている。アクセントダンスに、おふざけ盛り上げ曲。椅子プレイに女装。でもそれぞれのアイドル鉄板パフォーマンスを、どんな風に料理するかはグループによって違う。そこが、何度見たってアイドルが楽しい理由の一つ。

今回は、アクセントダンスのあと自身の出演していたCMに掛けて、アイスの被り物をしていた演出が特に好きだった。踊るもふざけるも、単体としてならできるグループは少なくない。でも、カッコつけた後真顔でふざけに移行できる、これはふざけ方をわかっている、照れたり保守に走らないで堂々と笑いを作れるWESTならではできること。

…少し大げさだけどそんなことを思った。

 

他に好きだったのは「ええやんけぇ!」。もうどうしようもないくらい踊った!

2010年代にデビューしたジャニーズがパラパラを打ち出してくれるなんてそんな新鮮な話ある?もうクレイジーで楽しくて、わけがわからなくなる。その空間こそコンサートの醍醐味でしょう。

最後の最後に2階の最後列まで走ってきてくれたことにもびっくりして、こんなまっすぐなアイドルを好きにならない選択肢はないと思ってしまった。WEST、控えめに言って最高!!!!!!!

ナラタージュが楽しみな話。

松本さんが映画に出る。2017年秋公開のナラタージュ。

もうね、映画の話って決まった時からだめなんです。興奮しちゃって。ドキドキしてしまう。

ドラマもすっごくうれしいのだけど、テレビって勝手に盛り上がってくれるし、どこか安心しているところがある。映画は、やっぱりお金を払わないとみられないから、この趣味の多様化する時代でどうしても注目が集まりにくい。

ちゃんとヒットするだろうか、というのと、自分がちゃんと、楽しめるかという不安。

それでいて、番宣ラッシュはいつも出ないたくさんの番組に、局関係なしに出られるから、とっても嬉しい。陽だまりの時なんて、雑誌を毎日一冊ずつ熱に浮かされたように買っていた。

 

今回は、ラブストーリー、しかも暗い話ということで最初はあまりうれしさがこみあげなくて、楽しめるか不安な気持ちが先立ってしまった。しかも、必死にネタバレを回避しているのだけど、禁断の恋、ということはどうも男にダメさがありそうな気がする・・・・。松本さんが演じる役に好感が持てなかったらどうしよう、ひたすら心配になった。

 

しかし、会報のビジュアルを見て楽しめないかもしれないという不安が一気に払しょくされた。まだ見ていない人にはぜひ嵐さんの最新号の会報を見てほしい。

眼鏡…!!というだけではなく、髪型の丸っこさ、目の落ち着きに驚いた。監督が言っていた通り、目力が20%オフになってる。

それに、ちゃんと社会科の先生っぽさが出てる。少し野暮ったい、決して花形の教科ではなさそうな感じ。英語ほど華やかではないし、数学ほど硬派でもない。そうかといって、国語ほど分別臭くも無く…て考えすぎか。

私、松本さんっていわゆる美形なお顔だから、少女漫画チックな華やかなたたずまいしかできないとどこかで思っていた。もちろん、NHKドラマだったり陽だまりだったり、ちゃんと普通の男性をやっているのが素敵なのを見てきているけど。でも、割と若造というか、まっすぐな男の子が多かったから、こういう、言い方はあれだけどちょっとクズっぽい男性の雰囲気が出せる方だと思っていなくて、戸惑っています…。

写真三枚でこれだけわなわなしているのだから、予告が解禁されたらどうしよう。無理矢理に口実をつけて、毎日のように予告が含まれている映画を見に行ってしまいそう。

落ちのない話でごめんなさい。

Are you happy?コンサート感想③

だいぶ間が空いてしまいましたが、最後の感想をつづりたいと思いますー。

 

17,Miles away

ふわーっとした白い布に舞い上げられるように高くなるステージ。

人魚さんみたいで至高の光景だった。

18,果てない空

宮城でもやってたのに、久しぶりにやってくれた感がすごい。

19,WONDER-LOVE

20,また今日と同じ朝が来る(二ノソロ)

ここのターンで登場した光の棒、すごく好きだった。

今回はあまり派手な演出がなかった分これが数少ない仕掛けかな?

ステージングというより都会のイルミネーションのようで。ステージに立体感を感じさせてすごく心打たれた。

その中での二宮さんのソロはそれはそれは幻想的で。

アニメチックな、どこかセカイ系っぽい歌詞が光の演出にばっちりはまってた。映像に効果がついて黄色い炎というかオーラみたいなものが二宮さんの周りを待っているのも二次元ぽさがましてよかった。

腰を落とし気味の振りには体力への不安も感じたけど、色っぽくて好きだった。

21,Amore(相葉さんソロ)

相葉さんソロに外れなし!特に今回ピカイチに光っていた相葉くんのソロは、シンプルなのにかわいくて格好良くて、ぎゅーって抱きしめたくも抱かれたくもなるようなさいっこうの内容だった。

最初、Tシャツで現れたときはついマジカルソングに代表される相葉さんの派手な衣装と比較してしまって、究極のシンプル!?と動揺したけど、ちゃんとHappyがAmoreになっているシャツは遊び心もあって何よりスタイルお化けの相葉君にめちゃくちゃ似合っていて。

なーななななーなーで両手を広げて走り回る相葉くんをみていたら幸せを感じない人はいないんじゃないかって思ったよ。

(後日相葉さんのソロの内容をコンサートに参加していない友人に解説しただけで涙が出そうになってた)

踊りもばっちりだし一緒にやっているジュニアも楽しそうだし、今思い出してもわくわくしてくる。

 

22,青春ブギ

Amore→青春ブギの流れはブルレイで何十回もリピると思う。

嵐ってこういうこてこての設定が入った演出は苦手だと感じてたから、長めのアニメから始まる長ランの衣装に、大人になったねぇ!と思わず。エイトのキングオブ男!をみながらひたすらうらやましく思っていた全私が泣いた。

中でも、「これが俺様 ドMの潤」って松本さんのキャッチコピーに笑った。俺様とドMって一見矛盾しているんだけど、どっちも確実に松本さんの持ち合わせている要素で、確かに!!!ってなる。

欲を言えばこの流れでGUTS!を歌ってほしかった。一曲でこの神衣装が終わってしまったことが寂しい。

 

〈Happyメドレー〉

メドレーに入る前に王冠さんから「嵐のシングル曲を今年風にまとめてみました!」的な解説が入る。これがあざとくていらなかったようにも少し思うのだけど、嵐がいままでやってなかったことをやろうとしているのかなと思うと好感は持てた。個人的にはばーっとジャケ写が映ってからのReady?ってなるMステぽい映像の方が好きだけれども。

23,Happiness

24,きっと大丈夫

25,A・RA・SHI

26,Troublemaker

27,Love Rainbow

トラメとラブレインボーがMIXされるところも好きだった!Troublemakerは発売当初から大好きな曲で、特に歌詞が嵐にぴったりだと思っていて。

「色とりどりのマスク被って 偽りのキャラを演じきって

僕は一口果実かじって 悪くないってかいいんじゃない?」

ここのフレーズが、まさに嵐のことだと、ずーっと思ってる。

色とりどりのマスク、はメンバーカラー。

偽りのキャラっていうのは言い過ぎかもしれないけど、自分の好みに関係なく、カラーを割り当てられ、素の個人からはちょっと誇張した役割をそれぞれが担っている。そんなアイドルの生きざまにこの歌詞はぴったりだ。

そのうえで、果物一つ食べて、そんな日々も悪くない、っていくかいいんじゃない?ってポジティブに、達観的にとらえられているのが、ゼロ世代のスター、5人だけで嵐をし続けている彼らにばっちり合っている。

そんな曲を、割と近い時期に出たLove Rainbowとコード合わせてMIXしていくのは新鮮さがあって楽しめた。映像のWANTED!的な紙も可愛かったし。

 

28,言葉より大切なもの

29,ワイルド アット ハート

30,感謝カンゲキ雨嵐

31,愛を叫べ

〈アンコール〉

32,a Day in Our Life

33,五里霧

34,エナジーソング~絶好調超!!!!~

35,Daylight

最後の挨拶の後、モニター越しに見た松本君の目が泣きそうだった瞬間があった。あれ?って思った直後には、いつものきりっとした表情に戻っていて。私の気のせいかと思ったけど、同伴者も見たって言ってたから、そうなのだと思う。

泣くー!っていう流れではなかったし、最後のあいさつもいつもに比べてあえてさっぱりしていたのだと思うんだけど。

それでもやっぱり、何度立ったって、そこに人間5人がいるだけなのに、何万人もの人がお金払って集まって、笑って、叫んで。そんな光景に驚くし、ふとしんみりするものなのかもしれない。私はとても、そんな場所に立てないから本当のところはわからないけど…。でももしそうだとしたら、そうやって感謝の気持ちを忘れない人たちだから、ずっと好きなんだとこっちも改めて、思うんだ。

 

本当にとりとめのない感想になってしまったけど以上!また思い出したことがあれば、加筆修正するかもしれません。

 

嵐さん、今年も幸せな瞬間をありがとうございました。

今週末の大阪も、年末年始業務もそのあとも!ケガのないようにくれぐれも頑張ってください。