根も葉もある嘘八百

一日一エンタメ

Are you happy?コンサート感想➁

続き。

9,Step and Go

DRIVEは客席を夜景に見立てて電灯や花を映し出す演出にうっとりしたのだけど、そこからの5人手を合わせてステゴーって!最高にも程がある。この曲、リリース時は失礼ながら、ノンタイアップであることばかりを強調している謎曲という認識で、耳からも割とすーっとながれてしまっていたけどコンサートで見れば見るほど彩りが増していい曲になっていく。久しぶりに聞けてうれしかった。

ラップパートでメンバーがどんどん降りて行って、最後に翔潤だけ残る展開、最高でしたごちそうさまです。

10,Don't You Get It

でましたリード曲!!コンセプトをゴリゴリ持ってくる期待通りの明るさと黄色×ゴールドの色。映像もDVD未収録のものがたくさんあってふぁっ!!?てなったけど目が足りなかったよ。早くブルレイをください…。

〈ミニMC〉

賛否両論あるミニMCだけど私はあまり気にならなかったなー。

アイドルのコンサートは真ん中にどんって大きいMCがあるのが定番だけど、歌手のコンサートは結構2.3曲歌っては小休止っていうのが定番だし、単純に飛ばした前半分を少し休憩したかった&定型に囚われない構成にしてみたかったんじゃないのかなー。

サトシを呼ぶまでの茶番もばかばかしくて愛おしかったよ。恥ずかしがっちゃう翔さん込みで。

11,Bad boy(大野さんソロ)

これは…問題作だ!!!

何で完璧に格好いい路線でもっていかなかったの大野さん!!

いまだに困惑が隠し切れないよ。

でもさとラジでBad boyの人格的なものを解説していたから、大野さんの中では割としっくりきているのか?

変顔の大野さんが後ろに大写しになることに当惑しつつも、パントマイムのリアルさとダンスの足さばきに目を奪われる。

私は大野さんの天才性にあこがれる。もちろん努力をしている人なんだけど、大野さんはやるって決めたことをすっとやって、それが必ずしも練習量にきれいに比例するわけじゃなくて。なんというか、凡人にはわからないものすごいエネルギーの集中力で、練習量や準備量を凌駕してパフォーマンスを完成させる。ハワイのバク転なんかまさにそうで。今回もあのきれいな手でパントマイムの壁が作られていく様を見て、そこまでの努力や過程を知っているわけじゃないのに、「ああやっぱりこの人のパフォーマンスへの集中力は好きだ。」と確信した。

12,TWO TO TANGO

13,復活LOVE

14,青空の下、キミのとなり

15,ファイトソング

16,Power of the Paradise

〈MC〉 

17,Baby blue(松本さんソロ)

もうどうしてもこの話をしたいので、ほかの曲は後日追記します。すみません。

イメージ通りでもありイメージを超えたやさしさに包まれた曲でもあり。

あぁーもう松本くんのそういうところ好き!だいすき!って心の中で何度も叫んでしまった。

華麗な人間関係を誇示したいわけでも、今回は特殊装置を使わず抜いたわけでもなく、ひたすらに人が好き!今までのいろんな人に感謝をしたいって気持ちを詰

めた曲なんだよね。

松本さんは以前の自作ソロ曲STAY GOLDでも思ったけど、本当にエンターテインメントとそれにまつわる人が「好き」なんだろうな。ステージに立てることは「ありがたい」だけじゃなくて、「楽しい」し「きれい」だし「うれしい」。ほんっとうに芸能人に向いているマインドの人だと思う。純粋にそうなれたのは、あの美しくて人懐っこいきれいなきれいな瞳と顔だったからだよね。それと、優しいお兄さん4人がいつもそばにいたから。

耳でBaby blueを聴いたときは、「なんでさよならなんだろう?」って思った。松本くんの人懐っこさや支えてくれた人への感謝を込めた曲だということは何となくわかっていたけど、一応はラブソングの形式なのかな?と思って聞いていたから。失恋って感じでもないし、Na!Na!Na!の「きみとここでサヨナラ」的な一歩進むための恋人との別れ?でもなんかピンと来ない…。と。

でも蜷川さんのお写真が映った時にそういうことか、とすとんと落ちて。今まで気づかなかったことにも悔しい!ってなって。絶対にこの後は勘三郎さんが映るなって思ったらやっぱりそうで。

どの写真も潤くんの飾らないのに美しくって、思いっきり楽しそうな笑顔が映っていて。これを幸せって言わなくてなんという!って感じだよ。

交友関係広過ぎって今じゃ弄るネタにされてるけど、私も今を時めく星野源とも交流があると聞いた時には松本さんの30分の1くらいのサイズの目を見張ったけど、本当にただただ出歩くのが好きで、いろんな人の話を聞くのが好きで、ステージを使って人を魅了するお仕事が、大大大好きなんだろうな。

その喜びと感謝がすーごく伝わるソロだったよ。

担当だからこそ、のとらえ方かもしれないけど、さいっこうの内容でした。

 

話しすぎてしまった…。次回こそ!さすがに記憶も薄れてしまうので、完結させる予定です。

Are you happy?コンサート感想

※4曲目 Oh Yeah!が抜けていたので追記・その他一部訂正いたしました。(11/25)

いってきましたAre you happy?

幸せに、なってきました。

 

正直何を書いたらいいのかわからない。いつもは現場に行くと、エモいことからしょーもないことまで、これは人に会ったら語りたい、とかブログにつづりたいって言葉がわいてくるのだけど、今回はただただ楽しくて、胸にしみいるような感じがあって、多幸感に包まれているとしか言いようがない。それでもセトリをみながら、忘備録もかねて感想を残したい。

 OP

コンサートに向けての悪戦苦闘する5人の姿がムービーで映る。正味5分くらい?

あまり裏方を見せようとしない嵐が、OPでここまであけすけな姿を見せるのは意外だった。それと、もちろん美味しいコンビ萌えから個人のキュートな表情が満載でうれしいのだけど、私はOPでここまでバックヤードを見せる内容かつこの長さじゃなくてもいいのでは?と正直思った。

これがJaponismだったら絶対裏は見せないし、(例えば5人のパフォーマンスとか)苦労しました、を言いたいのではなくてHappy=身近なものととらえる嵐だからこそ、今回のコンサートまでの軌跡にもHappyが含まれているから冒頭にバックヤードを入れたのかな、とは思うのだけど。

単純に言うと、せっかく大変な思いして現場にきたのだから早く生の嵐さんに会いたかったってことです。映像内容はとってもとっても美味しいのでブルレイで鬼リピします。

1,Ups and Downs

正直、OPはI seekと勝手に予想していたから驚いた!ここからくるか、と。でもMCで「アルバム曲なのにOPから盛り上がってうれしい」ってメンバーの声も聴けて、アルバム聞きこんできた人って客席に問いかけた時も予想以上にリアクションがあって、凄くうれしかった。ジャジーでおしゃれで好きな曲。メンバーカラーで出てきたかと思いきや、微妙にシャッフルされていて、それなのに翔さんだけ赤で出てきたから混乱したけど。松本さんの青×緑の衣装がキラッキラでとても似合ってた。

 

2,supersonic

3,I seek

4,Oh Yeah!

おーいぇー辺りは嵐さんがひたすら後ろに向かっていてよく見えなかったのだけど、唯一知っていたネタバレ「懐かしの曲もやってくれて嬉しい」にこれも該当するなと思いテンションが上がった。

オタクをしているとお金も時間も時に精神も思いっきり使って、「何やっているんだろ」とオタクじゃなければもっと踏み出せていたことがあるのかなと感じる時もあるけど、「もう一度 あの日に戻るとしても 同じ路 選ぶだろう」という櫻井さんもハワイ時のJALチャンネルで感慨深く回想していた歌詞に、自分も重ねてしまう。今日という日が、こんなに美しい光景を見られる瞬間があるのだから、やっぱりオタクでよかった、嵐を大好きになってよかったと、飛びながらちょびっとしんみりしてた。

5,Love so sweet

この後のセトリでもいえるけど、ちゃんと懐かしの曲はさんでくるところが今回のアルバムや今の嵐の空気にぴったりはまってて愛おしかった。うぉうぉういぇいぇいは三十路超えてもやっぱりかわいいし楽しい。

〈挨拶〉

いつも通りの挨拶が心地いい。その中でも男性客をあおった後ふわって笑顔が開いて、「野郎ども調子はいいかー!」って飛ばした翔さんは最高にイケメンでした。その後のソロへのスイッチがここでもう入ってたのかも。

6,Sunshine(櫻井さんソロ)

このデジタル演出がはびこる中で布芝居的な演出がキュートでもう。

アルバムで聞いたときから間奏踊るね!?大丈夫!?と失礼ながらハラハラドキドキしていたのだけどそんな心配は不要で、片足上げるブレイクダンス風のダンスはHip Hop好きの櫻井さんならではのはまり方だった。相葉さんも絶賛してたけどすごくよかったよー。

 

7,To my homies

これはエイトのAll is well風に最後にやると思っていたから、前半にこの流れで来るのは意外でした。この辺りからファンの勝手なセトリ予想が無力であることを再確認して裏切られることがどんどん楽しくなってきた。

「痛みも苦しみも すべてを受け入れて」とひたすら繰り返すこの歌詞は今年だから、今の嵐だから歌えるものだと思ってて。でも最後は「愛を信じていこうよ」だからもうしばらくは貴方達と遊ばせてって思う気持ちをやめられない。

 

8,DRIVE

今回の中で一番好きだったのはここかも。車を使った演出自体はキスマイ(というかエイべ)のTake overに比べたらよほど上品でこじんまりだし、かつん上田君の特攻バイクに比べたらずっと非リアリスティックなんだけど、そこがまた嵐らしくて、あの真っ青な車に乗る5人をいつまでもいつまでも見ていたいと思ったよね。

5人でいる、それだけ。に価値があることにようやく本人たちが自信を持てた?そんな気がする演出だった。今までは、雑誌が、ファンが、5人でいればそれでいいって言っても、ほんとにいいの?それって強みでもなんでもなくない?と現実的で、慎重なのが嵐だったけど、やっと、それでいい、それがいいって胸張って言えるようになったのかなって。少し寂しくもあり、でも30歳超えた男性5人がおしくらまんじゅうしているのがちゃんと楽しそうだから、涙出そうになったり。

松本くん監修のこの曲は、まるで現状の、そしてコンサート中の嵐のことを歌っているような煌めきと上り坂に満ちていて。「季節外れの 打ち上げ花火」でまんま花火をあげちゃう派手で単純な潤くんと、思いっきり楽しんでるFive starがさ、大好きだよ。

 

全部綴りたかったけれど今日はここまでにしておきます。それじゃ、また明日。

恋がしたい

恋がしたい。

誰かに大切にされたいし必要とされたいし、優しくされたい。

格好悪い自分も、それでももがいている自分も、それでいいよって言われたい。

大切だと思える人がほしい。一緒にいることが楽で、自然で、あっという間と思えるような人に会いたい。

 

今日は少しプライベートの話。

今年一年は、恋人を探す年だった。

でも結論から言って、できなかった。大切だと思おうと、一生懸命になっても、大切に思われようと、一生懸命になっても、着飾っても、普通を装っても、何にもうまくいかなかった。

 

心から大切に思える人が、見つからない。見つけられない自分が悪いのか?と性格を変えようとしても、当然うまくはいかないし、見つからないのだから目の前にいる人を大切に思おう、と暗示をかけても、それもいうまでもなく無駄だった。

 

自分は人より冷めているといわれる。可愛げがないともいわれる。「みつみたいなことを言っている男がいたら、付き合おうと思う?思わないでしょ?そういうところだよ。」友達にもそういわれる。

でも、永遠の恋なんてない。いつか覚める。だから無理に恋を求めても仕方ない。そう思う自分を変えられはしない。

 

本当はすべての歯車を修正するために何が必要か、わかっている。素直になること。人から拒絶されたり、否定されたり、断られたりすることを恐れずに、自分の気持ちを見つめて、表現すること。

ちゃんと素直になりたい。素直さよりも場の調和や世間体を優先して生きていくうちに、人に否定されるかもしれない、自分の本心なんてわからなくなった。周りを傷つけず、自分もいいと思えること。その範囲の中で生きていくうちに、恋愛は姿を消した。だって恋愛感情は、断られるかもしれないもの、エゴや恐れ、わがままを含む感情だから。

 

自分をそのままに出して、表現できる人にあこがれる。

自分を表現して人を幸せにしている人を見よう。そんな気持ちでいたときに、「嵐にしやがれ」にSexy Zoneが登場した。中でも中島健人君のものまねと神対応はまさに、堂々としていて、パフォーマンスも完成していて、ますます彼のことが大好きになった。

結婚してください、というファンに対して、「そういうのは男から言わせて?」と返す健人君。私は見ていて、そのファンの子がもし婚姻届けを持ってまた会場に来たらどうするの?健人君には、危ないファンがつかないのか心配になった。

でも、中島健人君はわたしたちが言わなくてもそんなリスクはわかっていて、それでもいいと思っているんじゃないか。そんな気がする。

ファンの子と結婚しないことなんて自分が一番わかっている。デートだってキスだって本当はしない。でも、自分のもとに来た人全員へときめきを与えることが自分の仕事と分かっていて、もちろん素でそれを演じることを楽しく感じている部分もあって。

 

自分の悩みを直結で解決するわけではないけれど、健人君の姿になんだか憧れとときめきを感じてしまった。

今はJMKを見ながら、素直でかわいいカップルのふるまいを勉強している。

何を取ったらジャニーズはジャニーズじゃなくなるのか

何を取ったらジャニーズじゃなくなるんだろう。

ジャニーさんがいなくなったら?でもジャニーさんがいなくなったらどうしてジャニーズじゃなくなるのか。

それって結局、「かわいさ」がなくなるからじゃないか。

 

ジャニー喜多川は、かわいい。

かわいいっていうのは、

こういうかわいさじゃなくて。

「You,○○しちゃいなよ」に代表されるジャニーさんの名言は、突拍子もなくて、めちゃくちゃで、それなのに何だか説得力があって、面白い。おもしろいと近い意味で、かわいい。大の大人が、10~20代の男性相手にYouって話しかけて、一生懸命になっている。上から目線って感じでもなく、でもちゃんと、自分の世界観を持って、接している。

そこに、凄い人が良くわかんないことしている面白さがある。それが、ジャニーズの最大の魅力だと思う。

 

もしもジャニーさんがいなくなっても、ジャニーズ全体に漂う、可能性と格好良さと、ちょっとの論理破たん。そのバランスが保たれればジャニーズは残る。なにこれかわいいって、思い続けられる。

 

溺れるナイフ 気づいたことまとめ

冒頭の夏芽のモデルシーン。

「絶対女の子」という歌詞が響き渡る。「どんなときも絶対女の子」「何があっても絶対女の子」「生まれ変わっても絶対女の子」?意味はたくさん考えられるけど、コウに恋してだんだん普通の女の子になっていく夏芽にこの歌詞はぴったりだった。

 

夏芽一家が浮雲に移る車内の会話。

女将が務まるか不安がる母への父の言葉「大丈夫だよ、お母さん美人だから。」「優しいから」じゃなくて「美人だから」。その後の夏芽の芸能活動に対する複雑な気持ちを表す際の言葉も「女の子は…」女性性に対する特別感、悪く言えば蔑視をしていることが伝わる言葉。

宴会のシーンで夏芽母は胸の谷間が見えるラフなワンピースを着ている。母ではなく女性としての意識を持っていることが伝わるし、娘に芸能活動をさせる母親としての自然さが出ている。

 

「一緒にトイレ行こう」に「うん」と平然と答える夏芽。都会的で女子っぽい付き合いに慣れている。

 

大友が夏芽に「母ちゃん美人」とじゃれるところ。「顔が好き」ということでのちにその遺伝子を受け継ぐ夏芽に惚れることを暗示。

 

最悪な事件に巻き込まれた後も薄着で太ももが丸見えの格好で歩き回る夏芽。大友との最後の日にも短いショートパンツにロングTシャツというかなり煽情的な格好をしていた。それは女性からの反感も買うけど、彼女が神様に近づ特別な子だって理由で、赦せてしまう。

 

夏芽のコウに対しての「触れてよ」という懇願。一度汚された身体は誰にも触れられたくない、自分を汚した男という存在に二度と近づきたくないって描き方がこの手の忌まわしさの場合多いけど、夏芽は違った。

自分は何があったって神様に守ってもらえるはずなのにそれができなかった。まだその事実をあきらめられない、受け入れられない夏芽は、神様に自分の忌まわしい思い出を上書きさせることを願った。でも触れられたってあの日の無力さも、痛さも覆い消すことなんてできない。それをわかっているから、コウは一度は観念して夏芽に触れても、そのまま寄り添い続けることはできなかった。「俺はお前に、なんもしてやれんのや。」最初はその言葉の意味が分からなかった。コウが自分の人生で、具体的に、夢とか仕事とかで挫折をしたのを端折っているのだと思ったから。でも、そんな俗っぽい悩みではなくて、好きな女ひとり、大人から守れなかった。そのことで自分の全能感が奪われたという、コウも実はただの現実的男の子としての挫折を感じていただけなのかもしれない。

 

再会したコウと夏芽をバックに流れる大森靖子の「ハンドメイドホーム」。悪魔はコウで、王子様は大友。

2番の「気持ちを抑えてできるだけ たのしくするから嫌わないで」

はコウへの独占欲を告げても響かなくて、「面白く生きて見せる!」と吹っ切れる夏芽に重なる。

https://www.musixmatch.com/ja/lyrics/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E9%9D%96%E5%AD%90/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

 

原作のラストのネタバレを見たのだけど、私は映画のラストの方が好き。二人の恋は、寄り添うという形でかなわなくていい。だってそのほうがこの二人にはハッピーエンドだから。

コウにとっての夏芽も、夏芽にとってのコウも、神さんだから、格好悪くなれない。格好悪くても愛し合おうよ、と何度もサジェストし合ったけど、やっぱりそれは無理だったから。いつまでもお互いを神さんだと思って、心の中で偶像みたいにあがめ合って、遠くに上っていく。

溺れるナイフを見た。

 

世の中には選ばれる人間と選ばれない人間がいる。

神様に選ばれた人間は選ばれた使命を全うしなくてはいけない。

選ばれた人間自身も、その使命に近づくことを欲している。

 

選ばれない人間は彼らを見つめる。自分は彼らのように輝けない。

遠くには行けない。見ていることしか、できない。

「あの頃のコウは、特別やったから」

大友は変わってしまったコウに言う。

輝ける人間には特別な時がある。だれにも止められない、本人でさえも制しようのないような、熱と輝きを持つ時が。

中学3年生のコウも、2016年の菅田将暉も、その熱を持っている。だから菅田将暉のコウは、泳いではいけない水に飛び込んでも観客に赦される。

 

この瞬間の菅田将暉に会えたことが嬉しい。スターには登場した瞬間にしかない輝きがある。小栗旬にも水嶋ヒロにも向井理にも佐藤健にもその時があった。時がたってもスターは道さえ見つければ輝き続けられる。それでも世間に見つかった時の疾走感はその時だけのもので、時がたってから身につくオーラとは、違う。

 

今の菅田将暉を見ておきたい。彼が追い風を受けながらひょうひょうと走り続ける様を同じ時代に生きた人間として記憶にとどめたい。

海辺を大好きな女の子を背に乗せて走るコウの姿はその思いをさらに強くさせた。

ただいま

お久しぶりです。更新をお休みしていました。

その間何をしていたかというと、少しミーハーから離れていました。

とはいってもVBB、エリザ観劇、ジャニフワ遠征と周りから見たらちっとも変らぬ生活をしていたわけですが。心の中で考えることが、人生やプライベート中心になっていて、ブログの更新をお休みしていました。

 

でもやっぱり好きなことの話をしたい気持ちが強くなり、再開をさせていただきます。もともと1日1つ、自分のおすすめしたいエンタメについてつづることを目的にしていましたが、今後はふわふわと、好きなこと、今考えていることをつづっていきたいと思います。

 

また、よろしくおねがいします。