読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根も葉もある嘘八百

一日一エンタメ

アイドルの恋愛がタブーなのはすみれコードに抵触するからという話

すみれコードとは宝塚用語で、団員は現実を想起させるワードは使ってはいけないという意味。詳細はこちら↓

宝塚歌劇団 - Wikipedia

(ここからの内容はあくまで一個人の意見ですのでご了承ください。)

 

アイドルの、いや芸能人の熱愛が騒がれるのはすみれコードと同じだ。

彼らが人間だと言わないで、という私たちの身勝手だけど、どこかでこれは有名税だという一般人の思い、ファンならば、金を払ってるのだから商品保証として我慢して、という取り方によっては傲慢ともとれる、しかし当事者からは切実な想いから来てる。


SMAP報道の時の、例の謝罪も同じだ。

彼らが会社員=我々と同じ力ない人間だということなど知りたくなくて、あの強張った顔を見てBPOに行く人が出るようなヒステリーまで発生したのだろう。

 

今回の彼の件も、歳上、そして女子アナという芸能人か微妙なラインの相手、そして何より、日々の生活を綴るブログにその存在を「匂わせる」というリアリティがにじみ出た手法を取られたことで、ダメージを受けている人が多いように思う。これがもし、旬の共演女優や海外セレブだったら、ここまで話は暗く膨らまなかっただろう。

たまに○○君と◯◯さんとの交際なら許す、とか○○くんには金髪ハリウッド女優とハデ婚して欲しい、なんてツイートを見かけるけど、それはつまり受け手にとって、現実を感じさせないものならば許す、という意味だ。
浮き名を流すことが日常茶飯事になっているタレントも、真剣交際が発覚したらきっとダメージを受ける。それはイメージと異なる、生々しさを持つニュースだから。

 

例えばDAIGOさんと北川景子さんは、結婚しても人間宣言にならない。もうこれは、存在勝ちだろう。総理の孫で一見バカだけど心は紳士なロッカーと、ヅカオタの美人女優。どちらかが一般人と結婚したのなら賛否両論あるに違いないが、この二人なら仕方ない、となる。

なんて、見せ方次第、相手次第という話をしたけれど、やっぱりアイドルは、恋すること自体がどんな状況でもタブーだと思う人が多いことは事実だ。

そしてそれはやはり、夢の代償だから仕方ないと、あってもいいから見せないでと、私もまた身勝手な受け手として思ってしまう。