読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根も葉もある嘘八百

一日一エンタメ

ジャパニーズエンターテインメントのダサさの話

ジャパニーズエンターテインメントが好きだ。なんでかって、ダサいから。

ほんの少しのダサさを、私はたまらなく愛おしく思う。

 

そもそもダサさってなんなのだろう。私は、ダサさとは突っ込みどころだと思う。

え、何やってるの?全く駄目だなぁ…。でも、そこが愛おしいんだよな、と思えるところ。

 

例えばジャニーズ。彼らの歌は正直なところ、特別うまいわけじゃない。ダンスだって、他にうまい人はいくらでもいる。話術だって、スタイルだって、同じだ。一つとったら、彼等より優れている人はいくらだっている。だけど、それがいい。あのきらびやか過ぎる衣装を纏い、ちょこっとスタイルが勿体なかったり、歌唱力に不安があったり、それでも伸び伸びと(主に相当なぶっとんだ内容の)舞台から登場し、成長していく様が愛おしい。

 

例えば東京。夜景の美しさだけだったら、ビルの多さやイルミネーションのもっと多い都市はいくらでもある。ニューヨーク、ロンドンなどなど。整然とした美しさなら日本国内でも函館や長崎の方がずっと絵画的な美しさがある。でも、私は東京が好きだ。

それは、今まで自分が慣れ親しんできたからと言ったらそれまでだけど、そのほかに、東京の不完全さやせわしなさ、不器用さが夜景からにじみ出ているから、私は好きだ。

都会を生きる人の日々に追われる疲れや、その中で一時の休息を見つけたり探したりする思い、そんな不器用で草臥れていて、でもだからこそ愛おしい人々の息遣いが夜景から感じられるような、気がする。

 

海外、特に欧米のエンターテインメントや人ごみも大好きなのだけど、そこに生きる人は前だけを見ていて、謙遜したり、自虐したり、愛想笑いしたりする感じがなくて。それが格好いいし、例えばパフォーマンスでいえば、そういう日本のような立ち止まりや甘やかしがないから、クオリティが上がるという所はあるんだけど。

でも、少し格好悪くて突っ込みどころがある、身勝手だけど相関性のある日本が、日本のエンターテインメントが、私は大好きだ。