根も葉もある嘘八百

一日一エンタメ

最後には きっと笑うさ

こんばんは。みつです。SMAP解散報道から何かとテンションのアップダウンが激しい記事を更新してばかりでごめんなさい。もうしばらくで通常運転に戻る、予定です。

といいつつ今日はジャニーズと自分の話。

 

もう何にも萌える気がしない…。とつぶやいていた数日後、我が家に10ks!DVDが届きました。で、届いてすぐ再生した。何というか、10ksとJaponismの円盤発売順がこれでよかった。先週はまだ、じゃぽは再生できなかったと思う。

全然違う種類だけど、グループ活動をしない時間、を作った人たちのステージだから、観ようと思えた。

それでやっぱり気づきました。私、ジャニーズのステージングが好きです。遺伝子レベルに組み込まれているから、と言うのは大げさかもしれないけど、どうしても好きなんです。10ks特効のオンパレードだから、余計気づいちゃったよ。ALL or NOTHINGが流れた時、家にいるのに手を振りそうになったし、ぎらっぎらの衣装を観たら、あぁ単純に、好きだって、思いました。それはアイドルが終わる生き物だという事実を知っても、その終わりに美しくないものがあると突きつけられても、やっぱり変わらない。このステージがこの時間に存在したことは誰にも変えられない事実だから。6人のKAT-TUNも、5人のKAT-TUNも、4人のKAT-TUNも、3人のKAT-TUNも。もちろん他のグループにおいても、そう。だから私は最後の亀梨君の挨拶が大好きです。KAT-TUNのライブ見たことない人も絶対見て損しないから、10ks!騙されたと思って見てほしい。

Amazon CAPTCHA

 

そして今日、Japonismが届きました。まだ途中までしか見られてないけど、Twiitterで嵐オタ以外にもディスク買ってくれている人がいて、(もはや嵐は相当な労力を課さなければ、ディスクじゃないと見られない様な存在だからというのもあるだろうけど)凄くうれしかった。感想はまた後日綴るけど、すごくいいコンサートだから。テーマがあって、華やかで、キャラクターも活きていて。演出で意図されたところと、そうでないところ両方から、日本らしさがにじみ出てる。

テーマのはっきりしたことで賛否両論もあるコンサートだったけど、私はそういう褒められるばっかりじゃないことをやっていった方がいいと思う。こんなお金と時間と、そこに集まる一定量の人が集まらないと成立しないコンサート、明日には、出来なくなってるかもしれないんだし。皮肉じゃなく、本当に。今日と同じ明日が来る保証なんて、どこにもない。

 

Make a wish - 嵐 - 歌詞 : 歌ネット

 

前半のこの曲がアルバムで一番好きです。嵐はいつだって困り顔で笑うような、自分たちを描きつつ前向きな歌を歌うね。ずるいけど最高だよ。