根も葉もある嘘八百

一日一エンタメ

Endless SHOCK2017感想

Endless SHOCK2017鑑賞してきました。

まず最初に言いたいのが、

文ちゃん・・・・・!!!さらつや茶髪がめっちゃイケメン。

ごめんなさい今まで文ちゃんの顔、あまり得意ではなかった。だけど今回はこのさらっさらの髪の人だれ?まさか文ちゃん?と最初っから驚愕しっぱなしで。

ヤラサイドのポジションにブンイチが入るというのもぴったり。かなりキャリアがある文ちゃんが、2番手としてもがくヤラを宥める役を演じる心中を察すると泣ける。

 

今回、2幕を「ヤラの夢」という気持ちで見た。そういう風に見える人もいる、というツイートを見かけたことと、ラ・ラ・ランドを見たことががきっかけ。(SHOCK好きな人のラ・ラ・ランド感想聞きたい)

もし2幕がヤラの夢だとしたら、現実のヤラはどうしているのか。私の考えでは、2幕冒頭の悪夢に日々うなされて、ヤラは舞台に立てていない。

だからこそ、インペリアル・ガーデンシアターでコウイチを待ち続け、幻ではあるけれどコウイチが帰ってきて皆がまた一緒にショーをやれる。自分の罪は赦される。そんな幻想を抱いていたのではないか。(あくまで妄想です)

 

リカについて。

今年のリカは松浦雅さん。朝ドラ「ごちそうさん」のふ久ちゃんを演じられていた方。

例年のリカに比べてパンツスタイルが様になっていて、しっかりしている印象を受けた。このリカとなら、ヤラは将来的に結婚できそう。もちろん、コウイチの思い出を共有することによって。高校時代にちゃんとカンパニー以外のコミュニティを持っていて、彼氏ができたこともあったけれど、なんだかしっくりこなくて。やっぱり幼いころから一緒だったコウイチといた方が安心する。その気持ちがいつしか恋心に変わっていた、そんな展開を想像した。

 

宝塚が好きな人にはぜひ、Endless SHOCKを見てほしい。2番手がトップに憧れ、追い越したい気持ちをむき出しにしながらから回っていく様子は個人的に宝塚を知って尚しみるものがあった。ジャニーズには、そこまではっきりとしたトップ図式がないから。

 

それから松松。元太君がいつのまにか長身のイケメンになっていて驚き。笑顔の浮かべ方があまりに眩しくて心のサングラスをかけてしまった。

 

ここのところ心が荒むことが多かったけど、今日のSHOCKのお陰でいくつになっても青春はできる、どう生きるかは心の持ちようだと吹っ切れられた気がする。